2017年03月10日

3/10天金と粘菌!

色々あって夕暮れ時に、阿佐ヶ谷と荻窪の間に流れ着く。陽が落ちるとともに、月の光が輝きを増すのを見上げながら、家とは逆方向の荻窪方面に寄ってしまい、「ささま書店」(2008/08/23参照)に古本を求める。
sasama0310.jpg
昼間とは打って変わった、強く冷たい風に嬲られながら、百均棚から二冊、三百均棚から一冊。朝日新聞社「やさしさを教えてほしい/谷川俊太郎」講談社「日本の作家60人 太鼓判!のお取り寄せ/小説現代編集部編」岡書院「南方随筆/南方熊楠」を計525円で購入する。

本日の驚きの収穫は「南方随筆」である。大正十五年刊のオリジナル版で、蔵書印アリ&函補修アリなのだが、天金は美しく輝き、口絵写真に南方と写る、大正八年高野山への粘菌採集同行者である、小畔四郎の献呈署名アリ。ちゃんと柳田國男の、巻末の中山四郎による『私の知っている南方熊楠氏』への『事實に反し居り候』チラシも挟まっている!嗚呼、こんな風に憧れの博覧強記の天才奇人・南方熊楠氏に、本を触媒として近付ける日が来るなんて!などと喜びつつ、さらに後の見返しを見ると、薄紙に覆われた古書店ラベルがあるのに気付く、ペリペリペリペリ懸命に丁寧に剥がしてみると、大岡山工大前(つまり今の東京工業大学前)にあった「娯楽堂書店」と判明する。…学校の前にあるのに“娯楽堂”とは、良い度胸をしている素晴らしき古書店である。ちょっと手持ちの本で調べても何も分からない…いったいいつ頃のお店で、どんな本を得意としていたのだろうか…。とまぁこんな風に、一冊の本で色々楽しませてくれる「ささま書店」よ、今日も本当にありがとうございます!
gorakudousyoten.jpg
剥がしている途中の写真。まるで火山灰の中からポンペイの壁画が現れたように、次第に古書店名がっ!
posted by tokusan at 19:55| Comment(17) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする