2018年09月10日

9/10原稿とお知らせ。

宣言通りに朝から昨日を反芻して、原稿書きに専念する。だがごぜん十一時には家を出て、毎週恒例の月曜「ささま書店」(2018/08/20参照)詣でへ。金曜にイレギュラーで来たばかりなので、店頭では何も買えないかもと危惧するが、やはり「ささま」は大きく、そんな思いは杞憂であった。教養文庫「紙上殺人現場/大井廣介」秋元文庫「非行少女の告白日記 ツッパリぶるーす/関根洋子」羽村郷土博物館「中里介山 人と作品」筑摩書房世界「ユーモア文学全集(1)(13)」を計540円で購入する。「中里介山 人と作品」は郷土博物館で行われた五講演を収録。こういう出ていることさえ知らなかった本に、ふいに出会えるのは誠に嬉しい。第一回の講演者が谷川健一なのだが、学生時代に大菩薩峠を登っていたら、森の中で映画『大菩薩峠』の撮影現場に出会ってしまった話が愉快。さぞ驚いたことだろう。家に戻ったらば、原稿の続きに取りかかる。
nakazato_kaizan.jpg
口絵写真の一枚。愛犬デン公が可愛い。

そしていくつかお知らせを。
1. そろそろ発売になる「本の雑誌 へそくり虎視眈々号」の連載『毎日でも通いたい古本屋さん』では、下北沢の「ほん吉」を直撃。みなさんは、東京創元社の創元推理文庫附録「創元推理コーナー」が、どのように配布されていたかご存知であろうか?そのひとつの形を、店頭で発見することに成功しているので、ご一読いただければ幸いである。
2. もはや一週間を切りましたが、日曜の雑司が谷「みちくさ市」に懲りずに参加いたします。様々な古本をヒイコラ持って行きますので、ぜひとも遊びに来て下さい!
■「第43回 鬼子母神通り みちくさ市」
■9月16日(日)11:00〜16:00 雨天中止(当
日午前八時に天候による開催の有無を決定)
■東京都豊島区雑司が谷二丁目・鬼子母神通り周辺
https://kmstreet.exblog.jp/
3. そして十月の話ですが、今年も派手に開催される「LOFT9 BOOK FES .2018」に古本市フリマ部門で参加いたします。多様過ぎる異常なトーク陣に負けぬよう、楽しい古本をたくさん仕込んで参ります。「みちくさ市」から半月余りのスピード出店ですが、頑張って完全新作で臨むつもりです。恐らく…いや絶対にビールを飲みながら座っていると思いますので、こちらも遠慮なく遊びに来て下さい!
■「LOFT9 BOOK FES .2018」
■10月7日(日)12:00〜19:00
■LOFT9 Shibuya
◆古本市参加店舗:ハナメガネ商会、にわとり文庫、BOOKS青い
カバ、古書現世、三楽書房、立石書店、JUNGLE BOOKS、ひぐらし
文庫、ブックギャラリー・ポポタム、トーク物販:北書店
◆古本フリマ参加者:小山力也(ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパ
ン」)、とみきち屋、つぐみ文庫、ドジブックス、えほんやハコのな
か、甘夏書店、雨の実、M&M書店、コトナ書房、モロ古書店、嫌記箱
(塩山芳明)、ロフトブックス
◆たま書店開店! 姫乃たまが1日古本屋デビュー! 蔵書
を販売します。
https://rooftop.cc/news/2018/08/01003000.php
posted by tokusan at 15:01| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする