2019年08月22日

8/22細々と買い込む。

全般的に曇り空の空の下、午後に関町北に流れ着いたので、すぐさま西武新宿線に飛び乗り、「井草ワニ園」(2019/01/05参照)を目指すことにする…隣駅の上石神井で下車…あれ?なんか駅前の風景が全然違うぞ。ガンダム像も見当たらないし…ハッ!「井草ワニ園」は下井草だった!と、ボケた頭に喝を入れながら再び電車に飛び乗り隣駅へ。おぉ、ここだここだ。南口駅前通りをテクテク東に歩けば、すぐに緑に彩られたお店が見えて来た。中に入り、早速絵本児童書コーナーに食らいつく。一冊目はカバーナシの金の星社「まいごのきょうりゅうマイゴン/小暮正夫作・永島慎二絵」。永島慎二がこんな絵本の絵を担当していたとは。原始人の家族と恐竜の子供の交流の物語だが、お母さんが胸丸出しなので、子供にとってはちょっと刺激的。やるな、永島慎二である。二冊目は福音館書店のペーパーバック絵本「あかずきん/グリム兄弟編・大塚勇三やく・堀内誠一え」。あかずきんちゃんのタッチが、ちょっと宇野亜喜良っぽいのが珍しい。三冊目は同じく福音館書店「ばけくらべ/松谷みよ子さく・瀬川康男え」。英題は『How the badger bewitched the fox』…『狸が狐を魔法にかける方法』と言った感じだろうか。四冊目はおまけの日本文芸社「仮面ライダーカード/堤哲也編」を選び、合計で1050円のお買い物。安い!と喜び、笑みを浮かべて帰路に着く。
igusa_syukaku.jpg
四冊を扇のように開いて写真を撮ると、さすがに指がエグエグしてしまう。だが古本を、決して落とすわけにはいかないのだ!
posted by tokusan at 17:48| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする