2008年09月08日

9/8東京・代々木上原 マコト書房


makoto.jpg代々木上原北口の急勾配を上りきった所にある。抜け道に使われているようで、ちょっと車通りの多い店頭には雑誌ラックが一つ。和に関する雑誌や絵本などが並ぶ。垂れ下がった日除けをくぐり中に入ると、店が道路に対してナナメになっていることに気付く。土地の形と建物の特性なのだろう。床はコンクリの土間、壁は作りつけの棚。冷房は効いておらず、住居である店の奥から風が吹き抜けている。真ん中には背中合わせの棚が一つ…典型的な街の古本屋である。棚の前には未整理の本が山となり、その横に椅子が一つ…そこには10枚ほどのLPレコードが重ねて立て掛けられ、一枚100円で売られている。右壁際の棚は日本文学が多い。それほど古い本は無いようだ。ある棚の列は一冊の山田風太郎から始まり、間に司馬遼太郎が20冊ほど並び、最後に桜玉吉の一冊が締める、と言う恐ろしくバランスの悪いことになっていたりする。…脈絡の無さに乾杯!その奥は箱入りの全集が数種類収まり、最奥は古典文学となっている。向かいは最近の日本文学&文庫・戦記などが並び、平台部分にはアダルト雑誌が表紙を見せて並べられている。この平台は、入口側は大型のビジュアル本、レジ側はVHSビデオがそれぞれ置かれている。間取りがナナメなため、右通路より長い左通路に移動。壁際は端に児童書、文学・ノンフィクション・エッセイなどが混ざり合う棚となり、棚がしっかりまとまった歴史コーナー、レジ横は辞典類と続いていく。向かいの棚には新書と岩波文庫などが並ぶ。壁の棚をよく見ると、本の上には細長く折り曲げられた、折込広告が乗せられている。どうやらホコリ除けに使っているようだ。レジに向かうと「世界」を読みふけっているおばあさん。本を渡すと、値段を伝えこちらにそのまま本を滑らせる。包装などはしないようだ。ちなみに先ほどから『レジ』と言っているが、レジは無い。正しくは『帳場』だろうか。ガムテープが四方に貼り付けられた丈夫そうな机があり、お釣りは机の引き出しの中に収まっているのだ。一切ムダの無い距離感がたまりません。岩波文庫「柳宗悦 民藝紀行/水尾比呂志編」を購入。
posted by tokusan at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック