2013年12月27日

12/27東京・高島平 リブックス

rebooks_takashimadaira.jpg
車で通りかかった刹那に、店頭を見逃さなかった方からのタレコミである。東口の改札を抜けて『北側方面』に出ると、数段下の地上に、ビルの間を北へ真っ直ぐ延びる小さな商店街。真っ直ぐズンズン突き進み、『市場通り』を東へ折れる。すると集合住宅一階の店舗群の左端に、ほほぅ、確かにこじんまりとした古本屋さんがあるではないか。ガラスウィンドウに小さく看板があり、店頭では左右対称に100均コミック・100均単行本棚が展開している。それらに抱き込まれるようにして中に入ると、縦長な店舗は三つに分けて使用されている。右端は奥のレジ前からしか入れぬアダルト通路、左端はコミック通路、そして中央通路に古本が集まっている。入ってすぐ左横に二重の単行本棚、右横には小さな実用ムックラックがあり、右側通路棚に新品同様な一般文庫・時代劇文庫、そして100均文庫棚が四本続く。向かいは廉価コミックと雑誌とDVDである。地元のための、小さなリサイクル古書店である。値段はちょい安。100均棚から、ちくま文庫「カレル・チャペック旅行記コレクション チェコスロバキアめぐり」を購入。

駅への帰り際、商店街の「DORAMA高島平店」に引っ掛かる。
dorama_takashimadaira.jpg
純然たる大きなレンタル店なのだが、店頭にだけ古本が溢れており、ちょっと見たところ古い本も混ざり、誰にも見向きもされていない。と言うわけで、五台の100均ワゴンを掘り進めてしまう…。ソノラマ文庫「からくり儀右衛門/横田弘行」中公文庫「暮しの眼鏡/花森安治」愛育社「グッド・ウィル・ハンティング/マット・デイモン+ベン・アフレック」偕成社ジュニア版日本文学名作選「末っ子物語/尾崎一雄」(これ、何か嬉しいぞ!)を購入する。
posted by tokusan at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック