2013年12月29日

12/29古本屋遺跡納め「あんなにはっきりと!」

トマソン社『BOOK5』連載の取材を、今年のうちにどうにか済ませておこうと、夕暮れの南千住駅。しかしまずは、確かめておかねばならぶことがあるのだ!西口に出て、奇怪に複雑な歩道橋で線路の上を越えて、『泪橋交差点』に向かうように南へ。ひとつ目の信号を東に曲がり、二股の直線道の南寄りを選択し、さらに真東へ…しばらく寂しく歩けば、左手にモルタル造りの、アパートのような小さな工場のような倉庫のような、奥行きの深い二階建てが見えて来る、これは、2010年におよそ四十四年の歴史に幕を下ろし、閉館してしまった元「東部古書会館」である!…建物がそのまま残っている。そして一階軒上には、看板文字の痕跡さえも、しっかりと浮かび上がっているではないか!『東・部・古・書・会・館』。
tobu_kosho_kaikan2.jpg
今はもう、どこかの会社が作業場か何かとして使っているようだが、かつてはこの中で、様々な古本が店や人の手に渡って行ったかと思うと、誠に感慨深いものがある。近年には『泪橋古書展』と言う良い名の古書市が開かれていたようだが、残念なことに私はその存在すら知らず、一度もここに足を運ぶことはなかった…。かようにこの会館には縁の薄い私が、何故生意気にも感慨を深くしてしまったのかと言うと、それはひとえに、東京古書籍商業協同組合東部支部「東部支部二十周年記念誌 下町古本屋の生活と歴史」を熟読していたおかげなのである!台東・荒川・足立・葛飾・墨田・江戸川・江東の古本屋さんが書いた、会館にまつわる話と越し方の話や、素敵な支部員アンケートを読み込むことにより、妄想と幻視を可能としたのである!…でも、でも、やっぱりここで一度は、古本を買ってみたかった…。
sitamachi_furuhonya.jpg

取材をどうにか終えて駅に戻る途中に「大島書房」(2009/03/18参照)に立ち寄り、青心社「映画人烈伝/関本郁夫」を1500円で購入する。すると女性店主に「映画の面白いところをた仕入れておきますので、またお立ち寄りください」とニッコリ。自信溢れるPRがとても清々しい一瞬。
posted by tokusan at 19:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 古本屋遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南千住の古書会館の古本市は、数年前、突然、何回かあったので、その都度出かけていました。高円寺ぐらいの広さはあったでしょうか? でも本棚的にはあまり設置されていなくて、量は少なめでしたが。無くなっていたとは知りませんでした。
本日は伊勢崎ベイシアに…と思ったのですが、やめて竜ヶ崎モールの古本市会場に久しぶりに行きました。それから我孫子の弥生軒でいつもの唐揚げソバを食べ、柏大平書林へ。大晦日は正午から午後4時までの営業との張り紙がありました。その後は青春18切符使用中のため、無理やり東京駅八重洲古書会館、御茶ノ水丸善周辺の古本屋等々。残り二日は家の片づけ掃除。新年元旦は黒磯白線文庫は開業のようですが、さすがに…。東武宇都宮古本市あたりから「初詣」になりそうです。よいお年と、よい古本詣でをお迎えください。
Posted by 古本虫がさまよう at 2013年12月29日 20:47
またぞろよく知ってるね、関本郁夫なんて監督を。「好色マル秘元禄物語」でしたっけ?見ましたよ、新宿昭和館地下で、カラコロとワンカップ酒転がる昼下がりに。
さて、今年も一年間、古本ツアーブログを堪能させて頂きました。古本鬼神も驚く古ツアさんの執念とも言える文化遺産保存的記録的営為にはただひたすらこうべ垂れるのみです。どうか馬年の来年もより一層拍車をかけて日本全国津々浦々へ壮健に駆け回って下さい。※わが海老名の平和書房さんに本日久方ぶりに来訪。頑張ってますよ、老店主が。棚整理してすっきりしてました。そして、奥にもありますよと平屋の民家畳じきのほぼすべてに棚と山が…。なんなんだよ、もっと早くに見せてよと思いながら師走の世事に急かされて上がらなかった。ちくしょう、年明けに絶対に行くぞ!
Posted by さがみ国分クロスロード書房 at 2013年12月29日 22:21
古本虫がさまよう様。「東部古書会館」に行かれたことがあるのですか。うむむ…知らぬ私がボンクラでした。そして年明けは、やっぱり「白線文庫」からじゃないですか!お正月に黒磯にいるって、なんだかともてスゴいことな気が…。良いお年を!
Posted by tokusan at 2013年12月30日 19:16
さがみ国分クロスロード書房様。関本郁夫に反応して下さるとは、逆にこちらが喜んでおります。来年もがんばりますので、ひとつよろしくお願いいたします。私もそろそろ、「えびな平和書房」に行きたい年頃…。それでは良いお年を!
Posted by tokusan at 2013年12月30日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック