2014年03月10日

3/10東京・府中 木内書店仮設店舗

kiuchi_kasetsu.jpg
駅南口前にあった、懐かしく古い街並のワンブロックが、まるごと再開発のために消えることに。なので現在、大きくフェンスで囲い込んだ中では、建物群の解体が急ピッチで進んでいる。駅のコンコースから、かつて「木内書店」(2010/01/08&2011/05/31参照)のあった細い路地を見下ろすと、道も建物もまだそのままで残っていた。しかし路地の出入口は封鎖され、行き交う人影も作業員のみとなっている。もうすぐ消滅する、かつて歩いた風景を、頭脳に陰影濃く念写してから、北口の空中広場に出る。階段を西に下りて、ビルとビルの間を西に抜けて、一車線一方通行の『けやき通り』を横断する。四階の高さを誇る京王線高架北側の脇道に入り、さらに西へ。しばらくすると高架下に、平屋で九軒の店舗が連続するプレハブ長屋が現れる。おぉ、その西端に『古書買入』の看板が掲げられていた。軒看板と脇道側にも黄色い袖看板があり、入口横の店名看板は、前店舗の看板を踏襲している。表側には低いタイプのラック棚があり、100均文庫と100均雑誌類が並ぶ。脇道側にある細長い棚は50均文庫で、足元に50均単行本箱も置かれている。サッシを開けて小さな店内に進む。左右壁棚と真ん中に背中合わせの棚が一本、そして奥に帳場の、シンプルスタンダード古本屋スタイル。店主たる奥様は、すっかり古本屋然として在庫に囲まれ座っている。右壁は美術・囲碁・歴史・社会・文化・思想・文学・江戸風俗・自然・教科書類・学術&資料・山岳などが、ある程度カオスに、そして安値で並んでいる。向かいには暮らし・実用・ビジネス・自己啓発・ノンフィクション・ミステリ&エンタメ・落語・海外文学・全集など。左側通路へ移動すると、壁棚に美術図録・ビジュアルブック・ミステリ&エンタメ文庫・ノンフィクション文庫・日本純文学文庫・戦争文庫・官能文庫・ちくま文庫・中公文庫・講談社学術文庫・岩波文庫。向かいは時代劇文庫・海外文学文庫・ハーレクイン・BLノベルス・ノベルス・新書となっている。新しめの本が中心だが、単行本には戦前&昭和、文庫には絶版が少々顔を出す。場所は変わっても、街の古本屋さんとしてブレずに営業を続けている。ちなみにこの場所は、脇道の外壁を見ると分かるのだが『高架下東仮設店舗』なのである…つまり期間が限定されているのだ。常連さんとの会話を小耳に挟んだところ、「ここにいられるのは三〜四年なの」とのこと。その後は果たして、元の場所に復帰するのであろうか?三年後に、またツアーに来ることにしよう。新潮文庫「横浜ストリートライフ/佐江衆一」講談社文庫「お噺の卵 武井武雄童話集」ケイブンシャ文庫「こんにちは、久米宏です/久米宏」洋泉社「街はクロスワード 虫の目都市図鑑」を計650円で購入する。

そしてシャッターが閉まっていて気になった、赤羽の「紅谷書店」(2009/01/29参照)だが、その後色々調べてみると、二月に閉店セールを行い、すでに閉店していることが判明した。…まったく気付かず、これは不覚以外の何ものでもない…くぅ。最後に「のらくろ放浪記」を掘り出したのを(2013/04/08参照)幸せな思い出とし、古く曲がった暗いアーケードと、そこにあった古本屋さんを、いつまでも忘れないでいることにしよう。
posted by tokusan at 18:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。紅谷書店ですが、東十条に越したようですね(趣味展の目録には出てました)。店舗営業をしているかどうかは不明ですが、古ツアさん流に書けば、北口2を出てそのまま東に、突き当たったら左へ。セブンイレブンの向かい側、となります。
Posted by isogai_1 at 2014年03月10日 21:47
ありがとうございます。店舗営業の線は薄そうですが、何はともあれ今度確認して来ます!
Posted by tokusan at 2014年03月11日 19:26
紅谷書店は廃業ではないようです。
店舗建替えの為の一時休業らしいです。
Posted by 123 at 2014年03月15日 15:16
123様。情報ありがとうございます。そうですか、「紅谷書店」復活しますか!よかったぁ!あの場所に戻って来るのでしょうか?復活したら再ツアーに赴きたいと思います。また動きがありましたら、ぜひともお知らせ下さい!
Posted by tokusan at 2014年03月16日 22:22
こんにちは。

紅谷書店営業再開してますね。

屋外に均一棚がちょこちょことあって、屋内は事務所という変則的な店舗でした。
Posted by 謎の男 at 2015年11月11日 19:25
謎の男様。情報ありがとうございます。復活してますか!良かった。赤羽のあの場所ですよね。近々ツアーして参ります!
Posted by 古ツア at 2015年11月12日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック