2014年03月13日

3/13西荻一箱古本市参戦!

正午近くに、週一ペースの『古ツアフェア@盛林堂』補充を行う。その足で経堂から西荻窪に移転して来た「URESICA」(2011/01/06&2012/04/26参照)を偵察に行くが、雑貨以外は新刊の絵本のみで古本の姿はナシ。またいつか古本市を開催してくれると良いのだが…。それでも思わず目に留まった新刊、書肆侃侃房「長崎迷宮旅暦/下妻みどり」を購入してしまう。

そして家に戻り色々片付け、今週末のスケジュールがようやく見えたので、土日に西荻窪で開かれる「西荻一箱古本市」にエントリーする。参戦するのは三月十五日(土)の一日のみ。全国からいつの間にか集まった変な古本を販売しますので、お時間ある方はぜひお越し下さい!と言うわけでいつものように、やっぱり何かフリーペーパーは配りたいなと考えて、頭と手をガシガシ動かし『古本屋さんとお話しすることについて考える』を完成させました。モノクロのA5ペラ一枚。内容は題名の通り、古本屋さんに行った時に、稀に交わすこととなる会話についてのユルい考察です……いや、こんなことより、古本の準備をしなければ…。
furuhonya_to_ohanashi.jpg

posted by tokusan at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西荻一箱市、行きます。
このblogで知り合ったアーチーシェップ大好きなyounger book friend君と。
Posted by 「吉本隆明全集」全38巻、刊行開始の晶文社はエライ! at 2014年03月13日 22:13
ありがとうございます!手ぐすね引いてお待ちしております!
Posted by tokusan at 2014年03月14日 17:28
西荻一箱市、行きます。
このblogで知り合ったクロスロードに書房を構える準備をなさっているお方と!横浜ツアーではお世話になりました。明日15日、楽しみに手ぐすねひかれます。フリーペーパーも楽しみです。
Posted by decoy at 2014年03月14日 21:47
decoy様。昨日は遠く寒い所を、ありがとうございました。「トラッド歳時記」を見出していただき、嬉しかったです。またどこかでお会いいたしましょう!
Posted by tokusan at 2014年03月16日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック