2014年03月30日

3/30長野・駒ヶ根 トレジャーマウンテン

早朝の、徹夜明けの酔客がくずおれるゾンビ列車で高尾まで行き、さらに中央本線を乗り継いで、甲信地方に入り込んで行く。青春18きっぷを使い、東京から遠出するための普通列車の中で、この中央本線が一番好ましいルートである。ダイナミックな山々、河岸段丘や盆地に集まる人家、小淵沢の山賊蕎麦、眼下を流れる清浄な上流域の川の流れ、勾配を上がって行く列車。読書と居眠りを繰り返して車中を過ごし、岡谷駅で久しぶりの飯田線に乗り換える。雨が激しくなり、広い山間に連続する集落と水田はびしょ濡れになって、天竜川に注ぎ込む数々の支流は、水蒸気を上げる濁流となっていた。六時間の旅を終え、大きな無人駅に降り立つと、改札の向こうに昭和スタイルではあるが、割と大きな街が広がっていた。ロータリーから西に延びる、歩道屋根の架かる商店街『広小路』を歩いて行く。お店を開けているのは1/3ほどで、おっ、音楽教室と一体化した本屋さんもちゃんとあるではないか。『広小路仲町交差点』で『国道153号』に入り、まずは南の警察署近くにあるであろうお店の探索へ向かう。…しかし、お店が見当たらない、たどり着けない…探索にそんなに時間をかけるわけにはいかない(場所をうろ覚えで来たのも悪かった。要再調査)…これはイカンな。本日のメインとなるはずであろうお店をツアー出来ないとなると、一時間に一本の飯田線から逆算する時間配分が難しくなって来る…この街で二時間を過ごすわけにはいかない。どうしても十二時四十六分の列車に乗り込まねば!三十分のうちにもう一店のツアーをこなし、駅へと戻るのだ!と決意して、より激しくなった雨の中をバチャバチャと駆け出す。

toresure_mountain.jpg
『広小路仲町交差点』から、国道を北に400m。『北町交差点』を地下道で潜り抜け、『県道75号』に入ると、すぐに右手に派手なオレンジの屋根を持つリサイクル感満点のお店が現れた。『DVD CD ゲーム コミック トレカ 金 プラチナ』とあるが、普通の本よ、どうか売っていてくれ!と軽く祈りながら、ちょっと分かり難い入口をようやく見つけ出し、有線放送ががなり立てているキラキラの店内に突入する。すぐ右にレジ&作業場があり、周囲にトレカ・ゲーム・CD・DVDのコーナー、。左に少年コミック、右に少女コミックが広がっている。むっ!少女コミック棚の奥の奥に文庫の影が!慌てて近寄ると、日本文学文庫と少量の海外文学文庫で造られた壁棚が二本。ミステリ&エンタメ・ノベルスで出来た壁棚が一本半。新しめの本で構成され、特筆すべきことはナシ。値段はすべてきっちりと定価の半額である。岩波文庫「死に至る病/キェルケゴール」を購入。

またもやバチャバチャと雨中に駆け出し、国道を突っ走る自動車に水を跳ねられながら、どうにか時間通りに駅へと戻り、岡谷行きの列車に飛び乗る。そしてやはり古い本には触れておきたいものだと、上諏訪駅で途中下車して「石の花」(2012/04/10参照)へワクワクと急行する。だが!看板をそっぽを向いており、門は固く閉ざされてしまっていた!あぁ、無情のシャッターアウトならぬ、非情の閉門!
ishinohana_heimon.jpg
深いダメージを受けた心をすこしでも回復させようと、戯れに「お願いです。門をお開けください!父上っ!」と取りすがってみるが、響くのはさみしい雨音ばかり。駅方面に捨てられた子犬のように戻り、駅前の『スワプラザ』二階のリサイクルショップ『宝箱』に古本棚を見出すが、コミックとティーンズ文庫の特殊な並び。すべてを諦め、帰りの列車に身を沈め、宮脇俊三よろしくカップ酒を傾けながら、今日の辛い旅を締めくくる。
posted by tokusan at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
警察署では道を教えて、もらえないのでしょうか?
Posted by ポチ at 2014年03月30日 22:40
もちろん教えてもらえると思います。が、しかし、愚かなことに私に道を聞いたりお店に電話する発想は皆無なのです…すみません…。
Posted by 古ツア at 2014年03月31日 21:55
駒ヶ根は私の地元です!古ツアさんのブログで『駒ヶ根』の文字を見るとは感慨深い…。残念な結果になってしまいましたが再訪期待しています〜!
Posted by ゆず虎嘯 tora at 2014年04月04日 00:02
ゆず虎嘯様。ええっ!ここがゆず虎嘯さんの故郷だったんですか!驚きと共に、ちょっと感激しております。必ずや再訪し、駒ヶ根の古本屋さん事情に決着をつける所存です。…と言うか、ゆず虎嘯さんに帰省時に確認してもらえば、また行かなくとも…いえ、必ず再訪いたします!
Posted by 古ツア at 2014年04月04日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック