2014年03月31日

3/31東京・早稲田 あんとれボックス

antore_box.jpg
ちょうど一週間前、突然ブリブリ排出されたファックス用紙を手にすると、それは岡崎武志氏からのタレコミで、先日の「みちくさ市」出店時に隣り合った青年が、早稲田で古本を売っていると書かれていた…。用紙を握り締めて『早稲田大学方面改札』の『3b出口』から地上に出ると、学生だらけの『早稲田通り』。『馬場下町交差点』にまずは向かい、そこから『早稲田南門通り』を、何だかフレッシュにキラキラしている若者たちに紛れながら北へ。緩やかに曲がる道を、緩やかに下る。150mほどで右手に、一階が油そば屋で二階が派手な不動産屋の、小さなビルを見付ける。どう見ても古本の入る余地が無いビルである。しかし、注意深く不動産屋の広告で埋め尽くされた外階段を観察すると、実は階段の上半分と二階柱に目指すお店の名前が、地味に騙し絵のように隠れているのだ。…これは分かり難い…そして入り難い…。ここは純粋な古本屋さんではなく、ビジネス書を400円均一で販売し、起業相談などを受け付ける、謎の事務所なのである。果たしてこれからどうなるのか?起業相談に来たと思われたらどうしよう?…いつもながらにドキドキしながら階段を上がると、ほぼ不動産屋のフロアなのだが、奥に狭く短い廊下が続き、そこに一枚のガラス扉が見えている。中の様子はよく分からぬので、ままよ!と飛び込むと、中央に大きなテーブルがあり、奥に青年の座るデスクのある、ほとんど事務所の店内。右壁に低いボックス棚が張り付いているが、そこに並ぶのはスリップの挟まった新刊類である。古本があるのは、奥の三本の棚のようだ。テーブルの横を擦り抜けて棚の前に立ち、本が二重に並んでいることに気付く。それにしても、本当に見事に、すべてがビジネス関連…独立起業・ネットショップ・副業・税金・起業&企業家評伝・仕事術・経済・株・二十代のビジネス・マーケティングセールスなどなど。ツルツルピカピカのソフトカバーの背の上を、目玉がツルツルと滑って行く。完全に普通の古本屋さんとはかけ離れた場所に立脚した本棚である。400円均一は安めと言えるだろう。そして晶文社「自分の仕事をつくる/西村佳哲」を購入。

この後は早稲田古本街をブラブラ。「いこい書房」(2012/02/02参照)にて近代社「虎娘 大陸の女スパイ/R・シュパング」を100円で見付けて喜び、隣りの「寅書房」が店仕舞い真っ最中の現場に遭遇し驚愕。開いたドアから、細い通路に張り付く空の均一棚が見え、奥に店舗らしき空間が…あぁ、ついに入ることは出来なかったか。
tora_shobo.jpg
悔しさを噛み締め、心の中で入ることのなかったお店を労い、続いて谷の下の「古書現世」(2009/04/04参照)へ。朝日ソノラマアニメ文庫「面白いシナリオ術/辻真先」中公文庫「肌色の月/久生十蘭」大衆文芸社「号令一下/竹森一男」を計1200円で購入し、さらには新しいピンク色の『早稲田古本街地図帖』を入手。向井氏と少しお話しする。
posted by tokusan at 21:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませていただいてます。
私も「寅書房」には一度は入ってみたいと思っていましたが、学生の頃から入り方?入るタイミングが分からなくて、今回この記事を読んで愕然としました…結局入れなかったです(泣)
早稲田の古本屋さんはこれからもどんどん減っていくと思うので、できるだけ通っておこうと思います。
明日昼食のついでに跡地を見てこようかなと思います。
Posted by mmasaki@HelloNavi at 2014年04月05日 23:44
コメントありがとうございます。私以外にも「寅書房」入店を、虎視眈々と狙っていた方がいたとは!「古書現世」向井氏のお話しでは、今年三〜四日開けたこともあったそうですが、結局私も入れず終い…。早稲田古本街、しっかり探すと良い掘り出し物が転がっていたりするので、これからもご贔屓に!
Posted by 古ツア at 2014年04月06日 21:01
いつも楽しく読ませていただいてます。
ご存知かもしれませんが、昨日、閉店した「寅書房」の左隣の「いこい書房」を確認したところ閉店しておりました…
一応情報としてお知らせいたします。
店先には連絡先のメモが貼ってあり、中は本棚だけでガランとしてました。長年通っていたので非常に残念でした。
Posted by mmasaki@HelloNavi at 2014年06月23日 23:50
「いこい書房」さん、閉店されてしまいましたね。不覚にも『古本屋レクイエム』として、送ることができませんでした…。わめぞ界隈では、その天然ボケっぷりで愛されたお店であることが、忘れられません。
Posted by 古ツア at 2014年06月24日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック