2017年02月25日

2/24準備完了っ!

今日は朝早くから「盛林堂書房」(2012/01/06参照)小野氏の手を煩わし、第二弾の古本市用の本を二十本強運び出し、後はひたすら『銀盛会館』に缶詰になり、命を懸けて誠心誠意値付けする。だがその前にちょっと開店直後の盛林堂に立ち寄ると、最近まったく目を離すことが出来ない、本棚探偵の「ひとたな文庫」に、新たな補充が為されている。『本棚探偵シリーズ』の挿画原画がしれっと並んでいるのに度肝抜かれるが、一番心を鷲掴みにされたのは、常に恋い焦がれている九鬼紫郎のグルメ探偵・白井青児シリーズの一冊「魔女を探せ」がラインナップされていたこと!裸本だが構うもんか!すぐさま手に取り値段を確認すると、破格の二千円!喜んで今回も本棚探偵に膝を屈し、本日の盛林堂の一番客となって購入する。
majyowosagase.jpg

その後はちゃんと会館に閉じこもり、およそ八時間を底冷えするガレージで震えながら、値付けに大真面目に従事する。すっかり夜になって、艱難辛苦してすべてを終えたところに、お店の営業を終えた盛林堂夫妻が姿を現し、すぐさま会場の設営に取りかかる。その結果、こんな風な立派な光景となりました。
torimodosu_furuhonichi.jpg
本は雑本的ではありますが、100均・300均・500均を大量に取り揃え、探偵小説・文学散歩・建築・写真を中心に、わりと強固な本も安値でディスプレイしております。なので、なのでみなさま、明日明後日はどうか西荻窪の、たったひとりの古本市を冷やかしに来て下さい!よぅし、こうなったら明日、目玉商品として稲垣足穂の手紙も持ってくぞ!ではではみなさま、明日お会い出来るのを、心の底から楽しみにしております!

★人間としての住居を取り戻すための「古本屋ツアー・イン・ジャパンの大放出古本市」2DAYS!
■2/25(土)・26(日)
■両日共AM11:00〜PM6:00
■西荻窪「銀盛会館一階」(JR西荻窪駅南口徒歩五分 杉並区西荻南2-18-4)
■後援「盛林堂書房」
■古本市のお問い合わせは盛林堂書房 seirindou_syobou-1949@yahoo.co.jp 03-3333-6582
posted by tokusan at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック