2017年03月12日

3/12第2回『本のフェス』をどうにか完走する。

本日は神楽坂での第2回「本のフェス」内「本の雑誌商店街」に参加するため、早朝から準備OK…と思っていたら、ピックアップしてくれる盛林堂号が、思いの外早く午前八時前に到着し、本を木箱からダバダバこぼしながら、泡を食って車に乗り込む羽目になる。同乗者は北原尚彦氏と善渡爾宗衛氏である。すると神楽坂へ向かう三十分弱の間、トップギアで古本について声高に話し合うことになり、早速貴重なエネルギーを無駄遣いしてしまう。ほどなくして神楽坂の裏町といった場所に建つ『日本出版クラブ会館』に到着し、重い木箱をエッチラオッチラ二階の一室に運び込み、売場を設営する。「本の雑誌」のみなさまや、荻原魚雷氏や「古書いろどり」(2015/12/12/参照)彩古氏や「ますく堂」さん(2014/07/20参照)や「古本と手製本」のヨンネさん等と挨拶を交わした後は、しばし会場内の売場を偵察。「盛林堂書房」(2012/01/06参照)は壁の如き売場を築き上げ、古本長者としての地位を盤石なものにしている。さらに森英俊氏は、あまりに大量の本を搬入してしまったため、無人売場が二つに分かれる結果となってしまっている。…加減を知らぬ、恐るべき古本神たちよ!午前十時の開始とともに、その恐れ&畏れは現実のものとなり、ただただ神たちの古本だけが売れて行く時間が吹き荒れて行く…唯一それに対抗出来ているのは、自著である新刊文庫を先行販売している北原尚彦氏くらいのものか…。しかしそんな神たちの超ハイペースを見て見ぬフリすれば、自ずから選んだアウェイジャンル(アニメ&特撮中心)ではあったが、ボチボチっと売れてくれていて、途中からビールを飲みながらも長丁場の午後七時を迎えた時点で、なんとか計39冊を売り上げることとなったのである。…まずは形になって、よかった。お買い上げのみなさま、おかしなジャンルに懊悩し手を出せなかったみなさま、そして通りかかって下さったみなさまに感謝である。特に印象的なお客さんを挙げると、コミック「装甲騎兵ボトムズ」を買ってくれたうら若き女性、SF映画パンフ三冊を歓声を上げながら購入したフランス人、怪談本&ゾンビ本&怪奇まんがを悉く立ち読み読破し去って行った小学生女子、「ぬいぐるみとの暮らし方」を存分に吟味して買って行ったお嬢様、「古本屋写真集」が改めて売れたこと、そして寄せては返す波の如く本を手に取り戻し手に取り戻しを繰り返した挙げ句(ボヤき付き)購入してくれた彩古氏に拍手喝采を送りたい。また、最後の最後に金沢から参戦していた古本カフェ「あうん堂」さんと挨拶を交わし、まだお店に行けていないことを詫びつつ、いつかは必ずうかがうことを約束する。そんな楽しい一日であったが、もちろん古本を買うことを忘れてはいなかった。次第に売れる古本で得られる懐具合に合わせ、会場内の古本を少しずつ時間差で、購入してしまっていたのである。北原尚彦氏からは大日本雄辯會講談社「怪奇境探検記/小山荘一郎」(裸本)、「盛林堂書房」では学風書院「劇書ノート/古川緑波」、森英俊氏からは光風社「童貞先生青春記/宮下幻一郎」東京ジュニヤー協会「火事の百科 東京文庫1」を……たくさんの古本を売ってまたもや古本を買う…なんて清々しくも馬鹿らしい行為なんだ…あぁだが、俺はこのために、きっと生きているのだな。そんな感慨に耽りながら愚かな私は、来週日曜にも「みちくさ市」に参戦いたします。こちらは今回の変態的並びではなく、いつものほどよい文学&ミステリ&変な本に戻る予定なので、何とぞ引き続きよろしくお願いいたします。今宵はこれにて、おやすみなさい…。
bookfes0312.jpg
ちなみにこれは、ほぼ終了間近の私のブースである。本以外はほとんどが売れ残り、シャプレー星人も仮面ライダーも、無事に家に出戻ることになりました…。
posted by tokusan at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブックオフ高田馬場北店に古いマンガ本などがかなりの量入荷して入口近辺に並んでいます。
一度顔を出されては如何でしょうか。
Posted by 竹ちゃん at 2017年03月13日 05:19
なんだか面白そうな状況!興味アリアリなので、時間をどうにか捻出して見に行きたいと思います。情報ありがとうございました!
Posted by 古ツア at 2017年03月13日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447855079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック