2017年03月14日

3/14ついにトム・ブラウン・ジュニアを捕まえる!

午前六時に起床し、確定申告書類の、最後の仕上げに奔走する。神経をすり減らして午前九時半過ぎに家を出て、税務署の列に並び、どうにか滑り込みで申告を済ませる。すっかり現代的な集合住宅群になってしまった『阿佐ヶ谷住宅』跡地を切なく横目にして、阿佐ヶ谷駅までトコトコ戻り、そのままの足で高田馬場へ向かう。「ブックオフ高田馬場北店」(2012/11/15参照)の入口付近に、古い漫画が集まっているとのコメント情報にそそられての行動である。坂道を下ってコンクリで固められた神田川を渡り、石のステップを上がってお店の中へ。むっ、確かに正面右側の本棚脇ラックに、古い漫画本と漫画雑誌が一棚集められている。「ヤングコミック」・70年代劇画・手塚治虫・少年漫画・復刻漫画・漫画研究&評論・週刊誌の漫画特集…ビニールに包まれた雑誌以外は、古びたパラフィンが掛かったままなので、異様に古書店的雰囲気を醸し出してしまっている。確かに面白い光景ではあるが…とレジ脇の新入荷棚に何気なく視線を移すと、おっ!そこにも同様な古びたパラフィン本の壁が出来ているではないか。近づくとこれが映画本ばかりで、単行本・ムック・雑誌が結構な量で並んでいる。パラフィンの古び方がみな一様なので、恐らく漫画もこちらも一人の方の蔵書だったのだろう。それにしても、ピンク映画・成人映画・ロマンポルノ関連の本が大充実しているではないか!当時本がほとんどなので、恐ろしく貴重な資料と言えよう。ちなみにこの高田馬場北店は古書も扱う変わり種店舗なので、どれも値段はしっかりと付けられている。だが熱心に探すと、割安な本も見つけられるので、決して諦めない方が良いだろう。レジ前の平台には少量だが、貸本漫画系のコーナーまで出来ている。こんなにたくさんの買取…これは奥の古書コーナーにも同一の蔵書が紛れ込んでいるのでは…と足早に向かってみると、梶山季之・川上宗薫・青森郷土本などがパラフィンに包まれ紛れ込んでいた。しかしこの蔵書群、まだ出していないのかもう売れてしまったのかは分からぬが、かなり筋の良い本が含まれていたのではないだろうか…。一番最初に棚を見られなかったことが、返す返すも残念である。それでも熟考して、櫂書房「甦る名優たち 戦後映画史 新東宝編」津軽書房「北津軽郡東京村/三上寛」を計3120円で購入する、映画史の方はジャスト値だが、三上寛の方は安めで嬉しかった。
kyujyukyu_mikami.jpg
そして映画史の方には、大河内常平原作の『九十九本目の生娘』や大坪砂男『私刑』橘外男『女吸血鬼』『亡霊怪猫屋敷』『怪猫お玉が池』などを筆頭に、妖しい貸本小説や時代小説を原作にした、キメキメで刺激的なスチール写真が満載なので、もう辛抱たまりません。写真は『九十九本目の生娘』の、若き日の菅原文太の勇姿。

家に戻って昼食を摂った後、日曜の「みちくさ市」に備えて、箱にイレギュラー的要素も加えておきたいので、東村山の激安福祉系古本屋「なごやか文庫」(2012/01/10参照)を偵察に行く。結果としては十一冊を計960円で購入し、まぁまぁの成果。だがそんなことより驚いたのは、本日気まぐれにここに来たおかげで、長年探していた本と出会う感激を味わうことになったのである。それは、徳間書店「ハンテッド/トム・ブラウン・ジュニア」!トム・ブラウン・ジュニアはアパッチ族の古老から、サバイバルやトラッキング(足跡を観察してたどることにより、何処へ向かっているのかということから、その動物や人間の心理状態や体調までを見通すを技術)を伝授され、時に行方不明者や犯罪者の捜索に携わることもある“トラッカー”である。この人が書いたトラッキングの本は、他に同じ徳間書店の「トラッカー」があるが、これらが読みたくて探し続けていても、ずっとずっと見つからず仕舞いで、探書リスト・ベストテンに常にランクインし続けて早六年…(他にスピリチュアルな本も出しているのだが、そちらにはまったく興味がない)。2000年代初めの新しめの本なのだが、ネットではわりと高値で取引されており、とにかく常日頃から注意していても、一度も古本屋で見かけることはなかったのである。つまり自分的には古本心の中で、次第にレア度が上昇してしまった本なのである。それが今日、150円の安値で手に入ったのだ!こちらは映画原案本で、トラッキングで扱った事件を、五編収録したものである。これは、蕨の「春日書店」(2010/06/19参照)外棚で、ブルース・チャトウィン「ソングライン」を見つけた時の感激と、似たものがあるな。古本屋さんに足を運び、本を掘り出す喜び、ここにあり!生きていると色々なことがあるが、私は今日、とても幸福である。
hunted.jpg
posted by tokusan at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447911427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック