2017年03月27日

3/27まだまだ古本準備中。

雨上がりの夕方に流れ着いたのは永福町である。七色の職種に新たに『プリントハウス』というのが加わっており、もう完全に古本屋の原型を留めていない「ドエル書房」(2015/07/16参照)をバスの車窓に眺め、高円寺駅まで移動する。昨日来たばかりなのだが、永福町から杉並区を家の近くまで縦に切り裂いてくれるのだ。一駅離れているが致し方ない…。そのまま西側の高架下に吸い込まれ、「藍書店」(2014/01/14参照)の外壁棚と対峙する。
ai_sotokabetana.jpg
思えば、この外にある壁棚とは不思議なもので、本来は商品を内蔵する店舗の一部なのだが、店舗空間を拡張するために裏返り、まるでゴシック建築のように内部が露出してしまっているのだ。店内に入ればそこは、古本と向かい合いつつも、店主の視線や存在が加味される、独特な緊張感の漂う空間である。だがこの外壁棚(外に出されている棚やワゴンもそうだ)は、これから始まる店主との関係を心の中で準備し意識しながらも、まだ今だけは、ただただ古本とだけ向き合える開放感に包まれた、淡い境界なのである。開放感があるということは、店主の視線が届き難いということである(時に監視カメラというテクノロジーを通して、視線を感じることはままあるが)。だからリリースされたように境界に大量の本が並んでいると、開放感とともにお得感が倍増するのであろう。とりとめもなくそんなことを思考しながら、二冊を掴んで店内へ。中央通路の文学棚を観測した後、女性店員さんに精算していただく。有斐閣「物語の迷宮 ミステリーの詩学/山路龍夫・松島征・原田邦夫」新潮社「絵のなかの散歩/洲之内徹」を計500円で購入する。

夜道を歩いて家まで帰り、夕飯を食べる。その後は腹ごなしに、いつか見た光景のような古本の準備に取りかかる。近日中に「フォニャルフ」棚を大幅入替するためと、月末までに(もう月末だ!)大阪「梅田蔦屋書店」のフェア用追加本を大量に準備しなければならないのである。必死に山を掘り起こしてソファーに積み上げて行くが、道はまだまだ半ば…今年はもしかしたら、古本を売って売って売りまくる年なのだろうか…。
hon_jyunbi.jpg
posted by tokusan at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448454511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック