2017年07月07日

7/7七夕に春浪と出会ってしまったのが運の尽き

そろそろ大阪の「梅田蔦屋書店」に追加の新入荷本が並び始める頃なのだが、再び三たびと大阪に古本を送るために、朝から部屋のあちこちを引っ掻き回している。それにしもよくもまぁ、相変わらずこれだけちゃんと本が出てくるもんだ…。改めてそんな風に己に呆れ返りながら、臨時のセレクト古本タワーをニョキニョキ生み出していく。この行動についての詳細は、また後日お知らせ予定。さて、そんな風に旅立つ古本を見ていると、やはり心の中には一抹の寂しさがが萌え出てきてしまうので、古本を買いに池袋で7/10(月)まで開催の「三省堂書店 池袋本店 古本まつり」(2016/02/09参照)に向かうことにする。湘南新宿ラインで池袋入りし、地下からエスカレーターで二階へ上がって、会場の見取り図を受け取り中へ進む。午前十時半前の場内は、ほどほどのお客さんが静かにジリジリ蠢いている状態。二十四のお店が造り出している古本通路を、何故かかなりの余裕を持って、散歩道をたどるように歩いて行く。もうすでにまつりが始まってから二日が経過しているのだ。物凄い本(この場合は安値の掘出し物くらいの意味である)など残っているわけがない。そんな風に高を括って歩を進めるが、。それでも「ハーフノートブックス」「かぴぱら堂」「ハナメガネ商会」(2014/04/26参照)「にわとり文庫」(2009/07/25参照)の棚造りには、たちまち古本の血が沸騰してしまう。特ににわとりさんの古書だらけっぷりは凄まじいな…。だが、欲しい本はたくさん見つかるが、腕には一冊も抱え込まずに、そのまま次のゾーン次のゾーンと進んで行く…まぁ最後まで回ってから、懐と相談しつつ吟味しよう。そうダラリと決めたところで「九曜書房」(2009/03/26参照)の台に差し掛かる。雑本的な並びの中にギラッと光る古書やおかしな本が紛れ込む、発見の喜びを得る確率が高い棚造りが為されている。だが、値段はわりとちょい安〜ジャストのしっかり目…う〜むと迷いながら裏側に回ったところで、台に並ぶ背の中にセロハン袋に入った背文字のない本が目に留まる。ズボッと抜き出してみると、げぇ!押川春浪の明治本!しかも八千円!これは、高いが安いじゃないか!と矛盾した結論に頭脳を白熱させながら(つまり古本としては高いが春浪本としては安値なのである)、瞬時にこの本の虜となってしまう。…ほ、欲しい…この本の形でこの話を読み耽りたい…でも八千円か…高いなぁ…財布の中には六千円しかないなぁ…でも『世界怪奇譚』だもんなぁ…普通に春浪本と出会うことってないもんなぁ…と他のワゴンを見ながらも、頭の中はすでに春浪でいっぱい。そのまま夢遊病者のようにフラフラと会場を抜け出て、灼熱の太陽光が降り注ぐ『明治通』をメタンガスの匂いを嗅ぎながら移動して、銀行のATMでお金を下ろして回れ右。だがもしかしたら、この会場を離れた隙に、もう売れてしまっているのかもしれない。何せ生き馬の目を抜くような古本修羅界の厳しさだ。そうなっていたら、スッパリ諦めることにしよう。そう考えつつフラリフラリと会場に戻ると、本は元の状態でそのままワゴンに収まっていた。よし、買うぞ!と意を決して抜き出し、奥の特設レジで精算する。大學館「日歐競事 空中大飛行艇/押川春浪」を税込の8640円で購入する。…あぁ買ってしまった。これで家に春浪本がやって来ることになってしまった。こんな高い買物をするはずじゃなかったのに。それにしてもこの表紙絵の可愛らしさはどうだ。口絵の飛行艇のクラシックなガジェット感はワンダフル!はしがきでは、全世界空中小説中最高の面白さであると春浪が自画自賛!明治の活字に巻末の広告に目を凝らす楽しさ!やっぱり思い切って買ってよかった!というわけでこれもまた、どひゃっほうなのである。
kuchyu_daihikoutei.jpg
posted by tokusan at 14:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 池袋、エスカレーターで降りられるそのあと私降りました。ATM行かれるところだったのですね。私は探偵雑誌「ロック」を買いました。
 練馬の南田中図書館の講演に行った者です。
Posted by M・ケイゾー at 2017年07月07日 21:33
毎回たのしく拝読しています。

押川春浪人ですが、木内昇さんの「球道恋々」という明治が舞台の野球を題材にした小説に出てくるみたいですよ!
Posted by かに座公園 at 2017年07月07日 23:12
こんにちは。
「この古書市がはじまって○○日。もう何も残っているわけがない」みたいなことをおっしゃりながら、どひゃっほうみたいなパターンを何度か読んだ気がします(笑)。
Posted by 練馬区在住 at 2017年07月08日 00:15
M・ケイゾー様。よもや後を取られていたとは、全く気付きませんでした。「LOCK」、確かに良い安値のものがありましたね。私も買いたかったですが、なにせ春浪に一極集中してしまったので…。
Posted by 古ツア at 2017年07月08日 22:16
かに座公園様。野球!ということは、やはり正岡子規や『天狗倶楽部』も出てくるのでしょうか。今度チェックしてみます。
Posted by 古ツア at 2017年07月08日 22:18
練馬区在住様。この中日出動で大物を入手するパターンが定着すれば、私も大したものでしょう。しかし実際は、それほどの物も買えずに退散することの方が、まだ多いはずです。やはり、初日のあのスゴい本だらけの中に飛び込んでこその古本修羅なのですが、なかなかあの戦場に突入する勇気が湧かなかったりするのです。というわけで、これからも中日だろうが最終日だろうが、素晴らしい見逃された本を手に出来るよう、奮闘努力して参ります!
Posted by 古ツア at 2017年07月08日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック