2017年11月27日

11/27 83年の歴史に幕が下りる

まだ午前十時四十分の、ビルの影に覆われた冷えた『宮益坂』を、早足で上がって行く。頂上に着き、横断歩道を渡ると、「中村書店」(2008/07/24参照)はまだ開店していない。足を停めずにその前を通り過ぎ、「巽堂書店」(2008/07/24参照)に到着する。午前十時半が開店時間なのに、どうやらシャッターを開けたばかりで、表には何も出ていない。老店主が薄暗い店内の奥で、ゆっくりと開店準備を進めている。そしてドアや店頭のビル壁には、コメントタレコミ通りに『閉店のお知らせ』が何枚も貼り出されていた。『先代が開店した昭和3年から83年に渡り、お引立ていただきました巽堂書店を、平成29年12月16日をもち、閉店することとなりました』と書かれている。誠に寂しい限りである。だが、まだ今はお店が目の前にあるから良いが、閉店してしばらくしてこの前を通りかかったりすると、何気なく足を停めて店頭の古本を楽しんだことを思い出し、その寂しさはより一層深いものとなるのであろう。ここでは店頭で妙な本をちょくちょく買わせてもらっていたが、一番の思い出を挙げるならば、写真家・澤田知子の「ID400」が100均に並んでいたのに、買い逃してしまったこと…今でも時間を巻き戻して買いに行きたい、痛恨の大失敗である…。陽の当たる白タイルの店頭に立ち、そんなことなどを思い出していたが、まだまだお店は開きそうにない。そこで50mほど離れたガードレールにお尻を乗せて、文庫本を読みながら開店を待つことにする。およそ十五分後の午前十一時になって、ようやく店頭に均一棚が立ち始めた。本を閉じてお店に近づくと、老店主が三本目四本目の棚を、きっちりぴったりとセッティングしている真っ最中で、店内にはすでに先客の姿もあった。立ったりしゃがんだりを繰り返して、店頭棚に隅から隅まで目を通し、三冊をつかんで店内に進む。BGMはいつもと変わらず柔らかで雄大なバロック音楽である。閉店まで後二十日余りあるので、こちら方面に出たときは、なるべく立ち寄るよう心がけよう。朝日新聞社「国鉄監修 続・日本の鉄道」(カバーナシ)春陽文庫「花の季節/北條誠」人文書院「アンドレ・ブルトン集成1」を計500円で購入する。
tatsumidou1127.jpg
店頭にて持参した「野呂邦暢古本屋写真集」を開き、旧店舗が載ったページとともに記念撮影。

帰りは荻窪まで出て、月曜日の「ささま書店」(2008/08/23参照)詣で。白馬出版「銀座 わが街/銀芽会編」春陽堂文庫「診察簿餘白/正木不如丘」牧神社「恐怖小説史/エディス・バークヘッド」を計1050円で購入する。家に帰ってからは、仕事をしながら12/9の古本市の準備を、まずは大雑把に細々と進めて行く。
posted by tokusan at 14:08| Comment(6) | 古本屋消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巽堂書店さんの悲報、がっくりです。あのあたりは、斜め向かいにあった玄誠堂書店がとっくの昔に消滅し、宮益坂途中の名店・正進堂書店も今はなく、まさか詩書専門の中村書店さんが最後まで残るとは。街も人もいつの間にか移り変わってゆくものなんですねぇ。
Posted by ぺんぎん at 2017年11月27日 16:08
正進堂は、鈴木清順の「野獣の青春」のなかで、ちらりと一瞬、半世紀前の店の正面が映ったように思います。
宍戸錠が刑事時代の仲間だった鈴木瑞穂に呼び止められるシーンの前後です。
いまは、世田谷代田で通信販売専門になっているようですが、ネットでは在庫が分からないので注文する機会も
ありませんね。
Posted by 熊方南楠 at 2017年11月27日 21:56
えええええっ! 11月10日に覗いた時には、そんな様子はまったくなかったのに!
Posted by よしだ まさし at 2017年11月28日 12:21
ぺんぎん様。私は「中村書店」「巽堂書店」の、すでにさびしくなった状態しか知りませんが、それでもいつも宮益坂を上がる足は、面白い本が出ていることを期待して、常に軽やかでした。街が“古本屋さん”という多様性を失うのは、とてもツライことですね。
Posted by 古ツア at 2017年11月28日 18:34
熊方南楠様。『野獣の青春』にそんなシーンが!まったく記憶にないので、今度必死に目を皿にしてチェックしてみます!
Posted by 古ツア at 2017年11月28日 18:36
よしだ まさし様。残念ながら、紛う事なき事実なのです。閉店セールなどは別にしていませんが、最後の瞬間まで、愛顧して行きましょう!
Posted by 古ツア at 2017年11月28日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: