2018年08月19日

8/19「色ガラスの街」!(ただし復刻版)

今日は古本神・岡崎武志氏と午前中から何軒かの古本屋さんを、六十一歳と五十一歳のオッサンの行動力とやり方でゆるゆると経巡り、古本を買い、さり気なく秘密取材する。古本屋さんに自分の足で出向き、自分の目を血走らせて古本を買う。幾ら何度でも繰り返そうが、決して飽きることのない興奮と喜びが、今日もそこに確実に存在していた。古本屋さん巡りと古本ハンティングは、やはりとても楽しいのである。これらの動きについては、色々固まったところで後日詳細を発表する予定だが、今日のところはまだ海のものとも山のものとも知れぬ状態なのである。だが、幸運にも入手出来た掘出し物を、フライング気味にここに発表しておこう。柏「太平書林」(2010/06/13参照)では、カバーナシの裸本ながら、岩谷書店「鬼火/横溝正史」を500円で。選者・高木彬光のあとがきに興奮するとともに、扉に貼付けられた新聞記事の切り抜き『新しい探偵小説/横溝正史』がさらにその興奮を加速させる。そして今や金町唯一の古本屋さん「書肆久遠」(2009/12/04参照)では、稀覯詩集復刻叢書「詩集 色ガラスの街/尾形亀之助」を千円で購入。活字の印刷で踊る、狂おしく切ない祈りの様なモダニズム詩の数々!外箱も、亀之助印刷サイン入りの栞もちゃんと揃っているのが嬉しい。今晩はこれを抱いて、スヤスヤ眠ることにしよう。
irogarasu_onibi.jpg
posted by tokusan at 18:53| Comment(4) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(ただし復刻版)と言っても日本の古本屋では外箱なしでも一万円前後。ど、どひゃほうと言ってもいいと思います(ちなみに小生先月外箱なしで二千円で買いどひゃほうしてました(笑)) 岡崎さんとの本楽しみにしてます。またこちら方面にツアー寄ってくださいね楽しい古本屋がポツポツ出来てますよ。
Posted by 倉敷から遠いで at 2018年08月21日 23:38
二千円も確かにスゴイです!この本、なかなか見かけませんもんねェ。色刷りの本扉が、泣きそうになるくらい格好良いですもんねェ…。岡崎氏との『古本屋シリーズ』共著新刊、気合を入れて頑張ります!
Posted by 古ツア at 2018年08月22日 16:35
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by omachi at 2018年08月24日 22:37
omachi様。ネットで長文を読むのはあまり得意ではありませんが、興味が持てる様でしたらチャンレジしてみたいです。
Posted by 古ツア at 2018年08月26日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: