2018年09月03日

9/3原稿も書くし古本も買う。

と言うわけで、朝から昨日の益子行の原稿に取りかかっているのだが、午前十一時には表に飛び出し、月曜恒例の「ささま書店」(2018/08/20参照)詣でへ。雨仕様の店頭棚に張り付き、堀田時計店「堀田パーティー 欧米紀行(欧米時計業界視察旅行記)」講談社文庫「なぜぼくはここにいるのか/横尾忠則」「画家の後裔/絵・青木繁 文・福田蘭童 石橋エータロー」朝日文庫「パリの奇跡/松葉一清」を計432円で購入する。昭和四十年刊の「堀田パーティー 欧米紀行」は日本の時計店軍団による、オメガ・ロレックス・ロンジン・キンツレ・ウェストクロックなどの会社&工場見学記である。巻末にロンジンやロレックスの広告が掲載されているが、ウェストクロックの『ビッグベン』の広告がとてもキュート。『幸せを告げる2つのビッグベン。1つは英京ロンドン議事堂に在り、もう1つがここに在る』のキャッチが何とも壮大である。
bigben.jpg
他に『ささやくようなチクタク音』『安眠が必要なあなたの目覚時計』などのキャッチも。

お店を出たら雨が降り始めたので、途中で傘を買い、テクテクと阿佐ヶ谷へ。『中杉通り』沿いの「銀星舎」(2008/10/19参照)に久々に飛び込み、平凡社ライブラリー「夢Q夢魔物語/夢野久作」航空ジャーナル社「ミステリーゾーンへの飛行」計1100円で購入する。この辺りは阿佐ヶ谷駅より低い谷なので、先日の豪雨で駅前同様冠水してしまったのだが、ダンナさんに聞くとお店に被害はまったくなかったそうである。本が濡れずに、本当に良かった。他に「古書クマゴロウ」(2018/03/21参照)や、良く焼物を買いに行くと言う益子の話など。さて、たくさん古本も買えたので、おとなしく家に帰り、昨日買った古本に囲まれながら原稿の続きに取りかかることにしよう。

0903ginseisya.jpg
お店の前後は結構な坂で、先日流されて来た土がまだ歩道上に残されたりしている…不思議だ。旧中杉通りには被害に遭ったお店もあるというのに。
posted by tokusan at 13:41| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: