2019年04月27日

4/27GWに関係なく古本を買う。

世間では一際長い黄金週間に突入したらしいが、こちらは関わりなくいつもの如く街の片隅に流れ着く。東小金井の南だったので、テクテク歩いてTHE街の古本屋さん「BOOK・ノーム」(2009/02/13参照)を目指す。お店に近付いたところで、雨がちょっと強くなって来た。店頭はすでに雨仕様である。均一台の上には分厚いビニールシートが被せられ、なだらかで滑らかで透明な丘陵が生まれている。
norm_kinitsudai.jpg
真上からビニール丘陵越しに、滲んで歪んだ背文字を眺めてから店内へ。雨宿りも兼ね、じっくり本棚と対峙し、ちくま文庫「世界漫遊家が歩いた明治ニッポン/中野明」を400円で購入する。雨はすぐに小止みとなったので、帰り道を急ぐ。阿佐ヶ谷では「千章堂書店」(2009/12/29参照)に立ち寄り、講談社「ピーナッツエッセンス2 どうなってるの?/M・シュルツ」を100円で購入する。一旦家に戻って一息ついたのも束の間、再び慌ただしく外出する。『早稲田通り』を東に伝い、『びっくり大道芸2019』が開かれ華やぐ高円寺に潜り込み、「古書サンカクヤマ」(2015/02/02参照)へ。平凡社「ホラー・ドラコニア少女小説集成【参】淫蕩学校/マルキ・ド・サド原作 澁澤龍彦訳」ハヤカワ文庫「ファンタジイ傑作集1 五つの壺/M・R・ジェイムズ G・マクドナルド」福音館書店「ものがたりえほん36 ジオジオのかんむり/岸田衿子作 中谷千代子絵」(1992年のこどものとも社版第四刷。いつか1960年出版のオリジナルの「こどものとも」が欲しいものだ…)を計550円で購入する。「GWは特にお休みしないんですか?いつも通りですか?」と聞くと、「もう〜、GWくらい、普通に働きますよぉ〜。だってこの後直ぐ、梅雨になって、さらにその後暑いのがやってきちゃうじゃないですかぁ〜。今のうちにたくさん売っとかないと〜」と、店主の粟生田さんは笑いながら語るのであった。
posted by tokusan at 18:39| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: