2019年12月08日

12/8トークと倉田啓明とお知らせ。

朝から夕方のトークの準備をゆっくり進め、基本的に珍しくノンビリと過ごし、午後二時二十分に外出。荻窪までスタスタ歩き、「ささま書店」(2018/08/20参照)で買物する。晶文社「黄色い部屋はいかに改装されたか/都筑道夫」出版芸術社「神津恭介の回想/高木彬光」学研「少年少女ベルヌ科学名作全集NO.9 砂ばくの秘密都市」を計1100円で購入する。そして西荻窪に降り立つと、まず「盛林堂書房」(2012/01/06参照)に立ち寄り、ある物を受け取る。そして北口方面に向かい、本日の『西荻ブックマーク』会場である『ビリヤード山崎』に到着する。「音羽館」広瀬氏や、いつも頼もしい西荻ブックマークスタッフの姿が見えるが、会場のビリヤード場が開いていない…シャッターには名物店主が同窓会に参加している旨が貼り出されている…もしや、今日のイベントを忘れているのでは、とやきもきする一同。もはや時刻は午後四時に迫ろうとしている。このままではイベントの開催が危ぶまれてしまう!…だがそんなことにはならず、間一髪会場の開場にこぎつけ、大急ぎでセッティングに取りかかる。そんな波乱含みのスタートであったが、今年出来た新古本屋さんや、栃木&熊本古本屋行の物語を、これも頼りになる岡崎武志氏とペラペラベラベラ喋りまくり、あっという間に一時間半を駆け抜ける。あぁ、古本屋さんについてたくさん話せて、楽しかった。会場にお出での皆さま、盟友岡崎武さま、ブックマークの皆さま、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします!仕事があるので、第二部にも打ち上げにも参加せずに、早々に会場を離脱し、一人帰路に着く。そして家にほど近い路上で、そっと盛林堂で受け取ったブツを取り出す…カバーデザインを担当した、東都我刊我書房「倉田啓明探偵怪作撰 落ちていた青白い運命」である。以前、盛林堂ミステリアス文庫で出た「わが屍に化粧する」の続編とも言える変態探偵小説作品集である。デザインするにあたって、編纂者からの希望があり、それは春陽堂の「モダンTOKIO円舞曲」みたいにというものであった。おぉ、あのポップでモダンでワンダフルなデザインか。というわけで、文字色を明るめで書体も派手にし、地には古いアメリカの都会の写真を使い、収録作品とイメージを組み合わせて行ったら……やはり多少ダークな方面に傾き、なんだか萩原恭次郎の「死刑宣告」側に行ってしまった…だが、これはこれで格好良い!などと相成ったわけである。どうぞみなさま、この新たな可愛いわが子を、何とぞよろしくお願いいたします。いつものように「盛林堂」の店頭や通販や「まんだらけ海馬」(2015/02/06参照)で出会えるはずです。
kurata_keimei.jpg

そしてお知らせを二つ。
1. そろそろ発売になる「本の雑誌 初夢二度寝号」連載の『毎日でも通いたい古本屋さん』では、高円寺のアナーキー古本屋「アニマル洋子」に突撃!意外な正統派な児童文学を購入しておりますので、楽しいお店の描写とともにお楽しみ下さい。
2. 12/10(火)発売の「週刊朝日」に『最後の読書』という選書エッセイを寄稿しました。とは言っても、ちょっと得体の知れぬものになっており、またそこに描写されたある行動も、なんだかわからないものに拍車を掛けている始末…いや、まったくの実話なのですが、みなさま、それを読んでも決して呆れずに、今までと変わらず『古本屋ツアー・イン・ジャパン』のご愛顧を、何とぞよろしくお願いいたします!
posted by tokusan at 20:35| Comment(4) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西荻ブックマークではお二人の古本トークを堪能いたしました。岡崎さんが大いに笑わせて、古ツアさんがしっかり進行させてと、本当に名コンビだと思います。会場ではまだ持っていなかった中央線古本屋合算地図を購入しました。これをガイドブックにして中央線古本屋さんをめぐりたいと思います。
Posted by としのすけ at 2019年12月12日 07:18
こちらこそお越しいただきありがとうございました。お話し出来て嬉しかったです。これからもレコードをドカドカ買いつつ、古本の方も引き続きよろしくお願いいたします!
Posted by 古ツア at 2019年12月12日 17:03
週刊朝日のコラム、読ませていただきました。これからも古ツアさんのブログ、楽しみにしています!それだけであります!
Posted by かに座公園 at 2019年12月13日 16:11
かに座公園様。あ、あ、ありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします!
Posted by 古ツア at 2019年12月14日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: