2020年02月18日

2/18「古書ますく堂」は西へ旅立つ。

中野に出て用事を一つ片付けた後、「古本案内処」(2015/08/23参照)で小学館文庫「ミステリー作家90人のマイ・ベストミステリー映画/テレパル編集部編」を275円で購入する。さて、ここから池袋方面に向かいたいのだが、中野駅に戻るのはめんどくさいし、何処からかバスが出ていないだろうか…と『早稲田通り』を東に歩き始める。ところがしばらくして見つかったバス停は、新宿駅西口行きのみである。仕方なく歩を少し早め、『山手通り』まで出ることにする。ここなら池袋行きが…そう信じて、広くキレイな歩道を、ダイナミックに下ったり上がったりしながら北へ。ところが、そんな風にして見つかったバス停は池袋行きなのだが、時刻表を見ると、ほぼ二時間に一本と言う異様な少なさなのであった…仕方ない、諦めて歩き続けよう。そう決めてテクテク歩いて椎名町駅着。線路を渡って住宅街の中を東に進み、ようやく「古書ますく堂」(2018/01/14参照)に到着する。ふぅ。相変わらず乱暴な店頭であるが、いつもと違うのは大きな貼紙が出されていること。
mask_20_0218.jpg
『古書ますく堂 大阪へ移転!!3月上旬引越です。御来店頂いた方々、ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。』と書かれている。そう、この池袋近辺に九年間『魔窟古本屋』として君臨したお店が(居抜きの元スナック店(2011/10/15参照)→元小料理屋店(2014/07/03参照)→現在の元事務所店と変化)、大阪へ移転してしまうのである。全く持って、東の人間としては寂しい限りである…だが、西の人間にとっては、あるいは朗報なのかもしれない…そんなことを思いながら雑然とした店内に進むと、そこには誰もいない…いったいますくさんは何処に行ってしまったのか?仕方ないのでしばらく棚にへばりつき古本を漁っていると、奥からガサゴソ物音がして、ますくさんが笑顔を見せながら登場し「忍者みたいに突然現れないで下さいよ」と言われたので「お店ほっぽらかしているからですよ」と言い返す。そしてさらに古本を漁りながら、今回の移転について色々質問を繰り出す。すると、営業は2/24くらいまでということ。隣りの保育園が拡張するので、円満に立ち退くこと(何と引っ越し代を出してくれるのだ!)。大阪に引っ越すのは知り合いが多いし、昔働いていた神戸も近いしとのこと。本は全部持って行くこと。場所は阿倍野で、今度の店舗は住宅街の平屋ということ。何かイベントがあれば、東京にも時々顔を出すこと。などなどが判明する。それにしても突然で驚いたが、まぁ遠くなるけどお店がなくなるわけではないのだ。いつか大阪に足を踏み入れることがあれば、必ず訪れることにしよう。と決めて、東京店での最後の買物をする。報知新聞社「やったるで!/巨人軍・金田正一著」を千円で購入する。ますくさん、西に行っても元気でね。帰りに駅前の「春近書店」(2009/02/24参照)に立ち寄るが、店頭棚を一渡り眺めた後、中に入ろうとすると、自動ドアの向こう側で放し飼いの小さなプードル犬が、ドアにガンガンぶつかりながら吠えまくっている。
haruchika0218.jpg
半狂乱で、飛び出して来そうな勢いだ…あまりの剣幕に、ドアが開いたら逃走してしまうことを怖れ、入店を諦めることにする。中村橋では「古書クマゴロウ」(2018/03/21参照)に立ち寄り、光文社「世界の自動車/高岸清」を110円で購入して帰宅する。
posted by tokusan at 18:51| Comment(4) | 古本屋消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉祥寺に古本屋さんが開店しているのに気づきました。
https://www.bouhateibooks.com/
Posted by 諜報局 at 2020年02月19日 13:33
情報ありがとうございます!ここは初日(1/22)に駆けつけました。小さなビルの二階にある、背骨がビシッとしたお店でしたよ。
Posted by 古ツア at 2020年02月20日 16:56
古本案内処の前の道を池袋駅西口行きのバス(関東/国際興業、1時間に4本程度)が通っているのですけどね。先まで行きすぎてしまったのでしょうか?ブックオフの斜め前あたりにもバス停がありますが、その先で池袋行きは新井薬師方面に左折しますので。
ところで、そのバスで落合南長崎駅から椎名町駅への途中、トキワ荘通りの二股交番から100mくらいのところに幸福書房(茶房)にはもう行かれたのでしょうか?代々木上原から移られたのだとか。
参考 https://bookbar5.exblog.jp/27962056/
少しだけ古本も売っています。3月22日オープン予定の「トキワ荘マンガミュージアム」もありますので、そちらのついでに寄るというのもありかと思われます。
Posted by 國學院大學元職員 at 2020年02月23日 11:53
國學院大學元職員様。ボケら〜ッとしていたのか、完全に行き過ぎてましたね。全然気が付きませんでした。お恥ずかしい。閉店時は大騒ぎでしたが、その「幸福書房」が移転していたのも全然知りませんでした。色々情報ありがとうございます。参考にさせていただきます!
Posted by 古ツア at 2020年02月23日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: