2020年04月02日

4/2これは悪夢か!? 「ささま書店」が閉店セール中!!!!!!!!!!

昨日はお昼過ぎに久我山に流れ着く。なので帰り道は井の頭線で吉祥寺まで出て総武線で折り返すことにして、ちょっと途中下車して「よみた屋」(2014/08/29参照)に向かう。街に人は出ているが、さすがにいつもより少ないようだ。私も古本を買って早く帰ることにしよう。雨のそぼ降る店頭。百均棚から二冊、三百均棚から一冊抜き取り、店員さん以外誰もいない店内で精算する。偕成社「サーカスの四月ばか/スロポトン作 白木茂訳」河出書房新社「ききちがい〈今様懸け詞〉/石津ちひろ・文 長新太・絵」河合総合研究所「殺人紳士録/J・H・H・ゴーテ ロビン・オーテル」を計550円で購入する。世界の幼年どうわ2「サーカスの四月ばか」は四月一日・エイプリルフールに相応しい買物で、何と児童文学界の巨人で訳者・白木茂の達筆献呈署名入り。こりゃあ素敵だ。
shiraki_shigeru.jpg

そして古本界&古本好きの間に激震走る!中央線の至宝「ささま書店」(2018/08/20参照)が突然の閉店を宣言したのである!たちまち私のところにもたくさんの連絡が入ることとなり、ことの重大さが現実感を帯びて、ヒシヒシと押し寄せて来ることとなった。思えば岡崎武志氏と「中央線古本屋合算地図」を編んだ時に、「ささま」さんにもアンケートに答えていただいたのだが、様々な質問に『特になし』の素っ気ない回答ばかりだったのに、今後の抱負についてだけ『どうたたんでいくかが抱負というか課題』と答えていたのだ。…これがその課題をクリアした結果なのか…。4/2(木)〜4/5(日)までの閉店セールを行い、スパリと潔く閉店予定。なので本日、三鷹に午前十一時半に流れ着いたので、慌てて荻窪に駆け付けると、すでに店頭も店内も、古本を入れたカゴや古本を抱えた人でいっぱいなのであった。ひぇ〜!古本市の初日みたいな混雑だ…。
sasama0402.jpg
貼紙を見ると閉店セールは10%オフで、一万円以上お買い上げの方は20%オフになるとのこと。遅ればせながら焦りつつ棚を眺めて行くが、とてもいつもの定点観測時のように落ち着いて眺めるわけにはいかず、譲り合いながら時に争いながら、店内を移動し続ける。その間に「本当は五月に閉めるはずだったんですが、コロナ騒ぎで予定を早めたんです」などの会話を耳にする…くっそぅっ!新型コロナのヤツめっ!それにしても、みんな本当に大量の古本を抱え込み、レジは戦場のような絶え間ない忙しさとなっている。壮絶な閉店セール…噫、悲しい悲し過ぎる。この、甘い水を常に湧き出し汲ませてくれた泉のような古本屋さんが、なくなることの大大大ショック!俺は、来週からどうやって暮らして行けば良いのか…そんなことを考え、何度もため息をつきながら、レジの列について順番をおとなしく待ち、日本青年教育會 青年文庫「海外雄飛」(函ナシ)パシフィカ「エラリイ・クィーンとそのライバルたち」を10%オフの595円で購入する。日曜の閉店までに、また何度か来ることになるだろう。トボトボと阿佐ヶ谷まで帰り、「古書コンコ堂」(2011/06/20参照)の店頭棚を真剣な目つきで眺めていると、中から出て来た店主の天野氏に声をかけられる、ひとしきり、見て来たばかりの「ささま書店」の様子について話し、創元推理文庫「山師タラント/F・W・クロフツ」論創社「推理SFドラマの六〇年/川野京輔」を計1160円で購入する。家に帰ったら、手洗いうがいをしっかりと。
posted by tokusan at 14:31| Comment(4) | 古本屋消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、「サーカスの四月ばか」!いいなあ!挿し絵の多田ヒロシさんのファンなので、いつかどこかで入手したいなぁ…と照準だけは合わせている本なのです。それを均一棚から釣られるとは!くぅ〜!

ささま書店さん閉店。名前だけは知っていました。一度行ってみたかったです。
Posted by ヘイスティングス at 2020年04月02日 20:14
多田ヒロシの挿絵、たまらないですよね。きっとどこかで出会えるはずなので、鵜の目鷹の目でがんばってください!
Posted by 古ツア at 2020年04月03日 14:49
もしかしたら、5日まで開催の小倉駅の古本市で入手できるかも…と目論んでいたら、クラスター感染発生で、2日で繰り上げ終了していましたΣ( ̄ロ ̄lll) 怨めしや、コロナ
Posted by ヘイスティングス at 2020年04月03日 16:30
やはりいくつかの古本市が、コロナ禍で中止や短縮になってますよね。仕方のないこととはいえ、寂しく悔しい限りです。今はただ、耐え忍びましょう。収束後の素晴らしい古本との出会いを想像しながら。
Posted by 古ツア at 2020年04月04日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: