2020年05月26日

5/26二か月ぶりに大阪に古本を送る。

国の緊急事態宣言は解除され、都の休業要請も次第に緩くなって行くので、古本屋さんも徐々に営業再開するお店が、増え始めて行くのだろう。元々休業要請が5/31までになっていたので、何故か前倒しになった緊急事態宣言解除に、急遽対応出来るわけもないので、古本屋さん巡りが自由に出来るのは、まだちょっと先のことになりそうだ。それに何だか疑似科学のようなデータを基にして、様々な事柄が強制スクロールされているので、どうも油断ならない感じが、常に暗雲のように身の周りに立ちこめている。…まぁ変わらず手洗いうがいを励行し、マスクを着用して、感染予防に努め続けるしかないか…。宣言が出されてから、やはり様々に行動が制限されたので、その記録も兼ねて、宣言が終了するまで毎日ブログを書き続けようと決心し、無事に一日も欠かす事無くアタフタと四十八日を駆け抜けられたのは、幸いであった。文章が長かろうが短かろうが、意味があろうがなかろうが、様々なことを書き連ねることにより、奇妙で緊張感のある非日常の中で生きるためのバランスを、保っていたのかもしれない。古本屋さんだけに限らず、読んだ本や観た映画について書くのは、なかなか楽しい行動であった。これからは、このコロナ禍のせいで、生活様式の変化を強いられるだろうが、ずっと持ち続けて来た、古本屋さんと古本と戯れたい気持ちは決して変わりはしないので、これからもそんな気持ちを偽らずに、なんやかんや書いて行くつもりである。

大阪ではすでに21日に緊急事態宣言が解除されていたので、古本販売をさせてもらっている「梅田蔦屋書店」も、すでに営業を再開した。だが駅ビル内では閉まっているテナントもまだ多く、客足も当然鈍いので、すぐに二ヶ月前の状態に復するというわけにはいかないようだ。だが、担当の古書コンシェルジュさんから、早速『起爆剤としての補充本を!』とご依頼いただいたので、五十冊ほどを厳選し、箱詰めして大阪に送り出す。良書・珍本がたくさん溜まっていたので、濃厚なラインナップとなる。署名入りもアリ。明日には到着し、近日中に古書棚に並び始めると思うので、西のみなさま、感染予防をしっかりと施し、おっとり刀で駆け付けてやって下さい!
0526umeda_yuki.jpg
posted by tokusan at 14:19| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: