2021年01月17日

1/17実はまだ作っているのです。

今日は朝からとある古本屋地図製作の続き(2021/01/02参照)にかかりっきり。ジッとモニターの前に座り込み、細かい作業を続けて行く…一時間経過…二時間経過…三時間経過…四時間経過…五時間経過…くあぁぁぁぁっ、もうダメだ。集中力が限界を迎えてしまった…。一応手書きで塑型を作るのは幾つかテキパキ進んだのだが、残る二つの壁があまりにも巨大過ぎる。難物なのはわかっていたが、それでも叫んでしまう!こりゃいったいどうすればいいんだ!…はぁぁ。手も頭も止まり、行き詰まった感があるので、服を着込んで曇天夕方の極寒な表に気晴らしに出ることにする。テクテク歩いて、白い息を吐いて、眼鏡をすっかり曇らせて、高円寺へ。「DORAMA高円寺庚申通り店」で、ボーダーインク「トートーメーの民俗学講座 沖縄の門中と位牌祭祀/波平ユリ子」国書刊行会「オールバックの放送作家/高橋洋二」(あぁっ!家に帰って見てみたら、ボールペンの線引きがちょっとあるじゃん……本を読みながら線を引いたり書き込みをする人に、切なるお願いをする。書くのは自分の本だからいい。だが、鉛筆で書き込んでくれい!そうすれば。せめて消しゴムで消すことが可能になるのだ。一生懸命消せば、少しマシな古本になることが可能になるのだ…)平凡社コロナブックス「宮沢賢治キーワード図鑑」を計264円で購入し、それでも地図のことを色々考えながら帰宅する。帰るや否や、再びモニター前に陣取り、二つの難敵攻略の計画を立案し、それらをまずは愚直にメモして行く。まずは一歩ずつ一歩ずつ進めて行こう。そうすればいずれは山頂に…だが、どんなに計画を立てても、これまで以上に厳しい闘いになるのは必定なのである。まさか大好きな古本屋さんに、こんなにも苦しめられる日が来るなんて、思ってもみなかった……いや、ボヤいていても仕方がない。引き続き奮闘します。
furuhonya_chizu2.jpg
posted by tokusan at 18:12| Comment(0) | 追記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: